TWの再振りのログ掲載や考察。 または管理人のオタ話題のサイトです。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と、言うわけで②でございます。

前回の記事で、高値競争をしている人たちを出し抜く形での
薄利多売を目指すと言う路線について書きました。

じゃあ、みんなが安値売りに参画してきたらどうするの?
って言うのが出てくると思います。

結論から先に言ってしまうと、
安値売り競争からはさっさと手を引くのが無難です。

なにを当たり前のことを言うんだと思うかもしれませんが、
独占状態になるまで突っ張りきるのも手ですが、
突っ張って最低収益をかき集めてもやっぱり効率はよくありませんし、
資本力で負けたらアウトです。
最低まで振り切ったところで、
こちらの資材を回収されて転売されるとか目も当てられません。
割り切るにしても限度がありますしね。

売りに出すときは、自分の中の査定額をきっちり決めておいて、
それよりも、ささやかな+αをつけて売りに出し、
周りが自分と同額での売り出しを始めたら、
売り出しを中止するのがベターではないかと。


じゃあ、売出しをやめたらどうやって日銭稼ぐのか?

やることを変えれば良いんです。

砥石→空BS→料理
見たいな感じで、競合の少ないところで常に安値売りをやるわけですね。
次の業態に移るときは、多少早めでも問題ないです。
自分と同じ値段か、それ以下の露店を2つないし3つ見かけたら、
さっさと店をたたんで、他のことを仕掛けると良いかと思います。

こうやってローテーションを組んでいくと、
安値売りでの競争が終わり、売りたい人が売りたい値段で売り終わった後、
前回の最安値が記憶に残っている状態が発生し、売り手がいなくなります。
そのタイミングを狙ってまた安値売りに戻るわけです(^_-)-☆

まあ、自分のやり方なんで、もっとうまいやり方で稼いでいる人も
いるとは思いますが、このやり方でやれば、最低でもポッド代がなくなるような
事態だけは避けられると思います。
アレンジはいくらでもかけれると思うので、色々やってみてください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
競合相手が居るところでは必然的に発生するものだしな「価格競争」

なるほど、見てて「アッー!そうする手もあるか」と思った次第。

参考にさせてもらいますぜい!
2008/07/26(土) 14:54 | URL | acqual #-[ 編集]
③未来を予想して他人が集めないアイテムを集める
というのが俺の一手でもあります。
ポイズンゼリーリーフ現在50個越え・・・。
2008/07/27(日) 00:59 | URL | ふぇざ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://buleagete.blog90.fc2.com/tb.php/911-870b6f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。