TWの再振りのログ掲載や考察。 または管理人のオタ話題のサイトです。
 
ご利用に当たってのお願い
管理人に何らかの依頼をしてくださる場合は、
[ここ〕を読んだあとで、
内容を把握した上で、
行って頂けると幸いです。
相互リンクをこっそり募集中です。
リンクした後にコメントして頂ければ、こちらからも設置します。
尚、「http://」「www.」を含むコメントは拒否しています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんわ。
久しぶりの真面目な考察の記事を書こうとしている封です。

今回は、装備による補正について主観を述べてみたいと思います。

まず、装備によって補正したいものは、以下の通りです。

①、HACK、STAB、INT、MR
②、DEX
③、DEF、AGI
④、移動速度
⑤、敏捷

⑤の敏捷はいわゆるところの高速化、
陣消しに挑む領域で重視することになります。
今回の記事では、こいつについては割愛します。

え?手抜きじゃないですよ(^^ゞ

高速化は高速化の記事を書くときに濃くやろうと思いますので・・・

では、①~④を見て行きましょう。

①は言わずもがなですね~。
攻撃を行うとき、仲間を庇うスキルを使う際に使われるものです。
最優先で補われるべきですが、状況によっては、
②~④のために犠牲にする可能性があります。

攻撃は当たらなければ意味が無いですし、
身の安全が保障できずに仲間を助けるとか言えません。

蛇足ですが、うちのブログで灰テチの振りが無い理由はこれです。
150を超えるまでは、自分の安全を確保した上での支援は厳しいです。
何かしらを犠牲にしなければ公平ができないのなら、
自分は攻撃する必要ないと割り切ったほうが、
ステの充実が測れますのでね…。
ソロはあとで嫌でもやらなきゃいけないんだし、
焦ってソロやらなくてもって思います。
テチsにはBS登録あるんだから、金が欲しけりゃそこで儲ければいいのです

さて、話がそれましたので、元に戻します。

じゃあ、①を捨ててでも②~④を取りに行く場合の基準は?
と聞かれれば、封はこう考えとります。

公平は、1に命中、2に火力(H、S、I、M)、3で回避or防御。おまけで移動速度
ソロは、1に回避、2に火力(H、S、I、M)、3で移動速度


基本的に、公平で7、8割当てれないのは火力失格ですw
ですので、命中の補正にウエイトが寄っちゃいます。
理想を言うなら、

素のステで命中を取り切って装備で火力を全開で補うべきです。

火力においては、
素のパラメータでの10と装備品の10では、重さが全く違います。
装備品で火力を取ったほうがダメージは増えます。
無理やりでも満たしたいところですが、
やっちゃうと全体が乙になる可能性がセイラくらいまでだとあります。
ミラなんかは、素の命中率が低めなので命中の確保は
ある程度装備に依存しないといけないでしょうね。

2、3については述べるまでも無く、
テチさんからの支援があるものだと割り切ってしまえば、
極論ですが、一撃で死ななければおっけーでしょうw

さて、移動速度ですけど、早いに越したことは無いですけど、
自分だけが早くても仕方ないからです。

ある程度チームで固まって移動しなければいけないので、
極端に自分が早くある必要はないからですね。

おっと、長くなったなあ予想通り・・・今回はここまでです。
②では、ソロ化したときについて述べてみようと思います。
お楽しみに~
スポンサーサイト
みなさん、こんばんわ。
明日仕事だってのに、こんな時間に記事書き始めた封です。

今回は、道での狩りについてです。

紅道は、上級狩場とされています。
まあ、とにかく沸きが良いですし、囲まれるとそれだけで死ねます。
範囲狩りのメッカとも言える場所だと思います。

ここでの最大の敵は、うしくんでしょうね・・・。
通称「うしキャン」と言われるスキルキャンセルを高確率で
発生させる通常攻撃がその原因です。
それだけなら良いんですが、とにかくタフネスなので、
倒すのも一苦労です。
なるべく個別対処で、きっちり始末してしまうのが
ベストではないかと思います。
爆ステでも、爆を打ち続けて周りごと倒すより、
あと1セットで倒せるときに連に切り替えて先に倒したほうが、
何かと安全です。


さて、お次に危険といえばやはり、ネズ山総裁でしょうね。
かなりDEXが高く、しかも痛い。
ですが、それほどあせって個別対処をするほど怖いってもんでも
ないかなあと思います。
範囲攻撃に巻き込んで、周りを倒しきった後でも十分だと思います。
ただ、撃破の優先順位は高めに設定しておいたほうが無難です。

さて、いよいよ、この記事の最大のキモである、
猫影とのお付き合いの仕方です。
高ディレイで攻撃を乱発してくるうえに、物魔複合の範囲攻撃。
当たると痛いし、クリティカルをもらうと2分の発火。
攻撃範囲は広く、動きがすばやい。
おや?列挙してみると厄介な要素ばっかりですねw
救いなのはそれほどタフネスじゃないことくらいです。

ここで、ちょっと猫影の動きを観察して見ました。
奴は、下記パターンで動いてます。
①索敵モード
②特攻モード
③攻撃集中モード

②については後述するとして、大事なのは③です。

③のモードになれば、動きが止まるってことです。

さてさて、これを踏まえたうえで、↓をご覧ください。
20070322024100.jpg

画面の上あたりに、猫影がいるのがわかるでしょうか?
印がつけてありますね~
この状態のままだと、封の打ってる爆に奴が入りません。
猫影の習性として、覚えておいてほしいのが、

可能な限り、自分の攻撃射程ぎりぎりから攻撃しようとする
ってことです。

このため、①のモードから③に移行したとき、
位置取りが悪いと、こっちの攻撃は届かずに
向こうからやられっぱなしの状態になっちゃいます。
さて、このままだと癪なので、矢印の方向に封を動かしてみます。
そーすると・・こーなりましたw
20070322023436.jpg

猫影の位置が変わっているのが、わかるでしょうか?

奴は、自分のターゲットにした対象が範囲からいなくなると
とりあえず、ターゲットにしていた奴にむかって突っ込んできます。


これを③の特攻モードと封は定義しとります。
このモードは、おいおい・・・ってぐらいに突っ込んできます。

ここで、忘れてはいけないポイントは・・・

必ず目の前に来た奴を通常攻撃で殴ってください。

タイミングが遅いと、②のモードから①に移行して、
離脱していってしまいます。
大体の場合、元の位置かそれ以上に離れた、
自分の射程ぎりぎりのところで立ち止まって、
またこちらをターゲットにしてきます。

一度殴ってこちらを再度ターゲットに取ってもらえば、
③のモードに移行しちゃうので、足がとまっちゃいます。

お好きなように範囲攻撃の的にしてやってくださいw

さて、トリは藁人形こと、ノロイのカカシです。
対策するまでもないってのが正直なところですが、
覚えておくべきことが1つだけあります。

一度殴ってアクティブにすると、
かなりの距離までこちらを追尾してくる・・・。


ってことです。
こいつを単体処理するために立ち止まるのは、もったいないので、
動きの遅いうしくんや、位置の調整のしにくい猫影を
中心とした範囲攻撃にうまいこと誘導してやってください。
実は、意外と軽視しがちですが、
カカシをうまく処理できるかどうかで、結構時給が変わってきます。
ちょっと離れてても、誘導にトライしてみてください。
意外な距離まで付いてきてくれますよ。

さてさて、これにて道での狩りについての考察は終了です。
長々と長文を読んでもらって、ありがとうございました。
みなさん、こんにちわ。
夜勤前の時間でこっそりレベル上げしてて、
紅玉で事故死してげんなりしてる封です。
スロットにライフ中を仕込んでおかないと、紅玉はやばいですね。

さて、今回は…確殺についてです。

何の用語だよって聞かれると困ります。
勝手に封が使ってる言葉なので…
言ってしまえば、
その行動をすれば、確実にMOBを倒せる
という状態を、確殺と言ってます。
具体的な使い方は、

(通常→通常→連)×2

で、確実に倒せる場合、

「2セット確殺だねー」

と使うわけです。
結構この確殺の把握は重要です。
単体火力を使用する前衛キャラの場合、
最後のスキルがいらない場合は、次の攻撃対象にスキルを当てる
ような工夫をやることで、無駄を削れます。
また、ミラやテチなんかは、スキルを使いながら動けるので、
確殺の最後のスキルを発動させたら、
次の標的まで移動を始めることができます。

主要な狩場で、
なるべくスキルを使用する回数を削って、
どんな攻撃の組み合わせで確殺ができるか
を把握しておくと、
次の行動への無駄が減るので、
ぜひとも試してみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。